前へ
次へ

不動産の賃貸契約時の印紙税の対象について

不動産の賃貸契約を結ぶ場合には値段に呼応した印紙税を支払う必要が生じますが、その対象については少々注

more

物品賃貸の取引の際は印紙税を忘れずに

印紙税は、商品の取引や物品賃貸で取引する際に交わす契約書などの書類に対してかかる税金です。税の種類で

more

物品賃貸での印紙税について

物品賃貸をためには、やはり消費者はお金を支払わなければならなくなっています。これは日本だけではなく、

more

気軽に利用できる物品賃貸

オフィス等で、同じ物を大量に用意しなければならない場合、物品賃貸業を利用すると便利です。いわゆるリースと言うもので、月々支払うものもあれば、あらかじめ半年、1年等長期使用が前提となっているプランもあります。長い目で見ると自分で買った方が安い物もありますが、何と言ってもリースのメリットは、初期費用が安いことです。これから事業を立ち上げようとする人や、資金が少ない人でも気軽に利用できるのが特徴で、利用者は年々増えています。また、不要になった時は引取りに来てくれるので、廃棄する手間もいりません。最近は、オフィスに関わる物を網羅したパッケージプラン等もあり、会社の規模によってはお得に利用でき人気を呼んでいます。

ウォッシュレットの水漏れ工事
トイレの困ったをウォーターソニックが解決します

山梨で新築の建売住宅をお探しの方はこちら
エリアや価格・学区などからお客様ご自身の希望に合った新築建売住宅を探すことができます。

茨城 リフォーム

物品賃貸の消費税について

物品賃貸第五種事業として認定されています。ここでは、みなし仕入れ率は50%という計算になるので、本則課税であろうと、消費税である簡易課税であろうと金額の差というものは代わりません。印紙課税が土地のみは発生するが、建物という面に関しては非課税になることは考え方として主流になっていますので、この部分だけを考えて行動をしていけば、なんら問題はないと考えることができるようになるのでしょう。物品賃貸における簡易課税は特に考慮に入れなくても良いでしょう。それだけあまり関係のないものです。簡易課税か本則課税かは自由に事業所が選べるわけではありません。課税売上高が5000万円以下の場合に限りできるとされています。

Page Top