前へ
次へ

物品賃貸契約に伴う印紙税

物品賃貸というフレーズを聞くと想像しがたいように感じますが、平たく言えばレンタル業やリース業がこれに当たります。日本の社会においてリースという考えたかがすっかり浸透しました。では、なぜリース業があるのかというと当該物品の所有者と税金の関係から派生しています。物品を所有するとそれに税金がかかります。この税金負担を軽減するためにリースをします。リース品はリース会社の所有物である為資産にはなりません。よって税金はかからないということになります。しかし、全く税金がかからないかというとそういうわけではありません。リース契約をする際に契約書を交わしますが、この契約書に収入印紙をはります。この印紙税は避けれない部分です。

Page Top